研究内容


イヌとネコは、他の動物たちと異なり、ヒト(人間)と相利共生の関係を築いてきたユニークな生き物です。 しかし、彼らの行動、社会性、認知機能については、まだよく分かっていません。 そこで私たちの研究室では、彼らの「こころ」の機能を科学的に理解するため以下のような幅広い研究を行っています。


社会行動

社会行動 -Social Behaviour-


ヒトとともに暮らすイヌやネコにとって、飼い主やほかの人間と適切にコミュニケーションをとることは大切です。また、友だちや初対面のイヌやネコなど、同種他個体ともうまく付きあっていかなければなりません。 私たちの研究室では、イヌとネコのコミュニケーション戦略(挨拶、仲直り行動)や向社会性について理解するため、行動観察、実験的手法、生理指標(心拍など)を使って研究をしています。


認知能力

認知能力 -Cognitive Ability-


近年の研究から、イヌやネコは、ヒトの号令、視線、ジェスチャー(指差し)といった社会的手がかりに敏感に反応することが分かってきました。私たちは、そんな彼らの持つ類まれな認知能力あるいは学習能力を明らかにするため、実験的な研究を進めています。 また、イヌやネコの複雑な社会的認知能力に関わっているとされる、利き手や側性化(左右分化)についても調べています。



個性

個性 -Personality-


私たちヒトと同じように、イヌやネコも、社会的、怒りっぽい、こわがりなど、その個体によってさまざまな性格が見られます。私たちは、家庭で飼育されているイヌとネコを対象にして、行動観察、アンケート調査、遺伝子型判定といった各種テストを行い、彼らの個性の生物学的基盤について調べています。




日本の犬

日本の犬 -Japanese Dogs-


秋田犬や柴犬といった日本犬は、イヌの祖先であるオオカミと遺伝的に近いとされています。 私たちは、このような原始的タイプの犬進化的背景を理解するため、日本犬と欧米で作出された純粋犬種の行動や認知特性について、比較研究を進めています。





イヌとネコの「こころ学」にご協力して頂ける
飼い主さん&ワンちゃん、ネコちゃんを募集しています!




Komaba Inu-Neko Laboratory. Last Revised: 25 Oct 2011