オランダ渡航計画

9292 Door-to-door journey planner
いわゆる乗り換え案内ですが、電車だけではなく、住所や施設を入れるとバスや路面電車の案内まで出る。
非常に便利です。

おすすめの見どころ

Leiden(ライデン)

出身研究室の人に「ライデンに行ってきた」と言ったら、3人くらいが「ニホンオオカミのタイプ標本!!」と反応しました。ライデン大学はオランダの中でも古い大学で、シーボルトの持ち帰った貴重な日本の資料が保存されていることで有名です。日本庭園もあります。

美術館はあまりありませんが、すばらしい博物館がいくつもありとても1日や2日では見きれません。

Naturalis(ライデン大学自然史博物館)
一般のガイドブックにはあまり載っていないのですが、生物進化に関心のある訪問者が感激すること請け合いの、さまざまな博物館賞を総なめにしている自然史博物館です。
私はソロ川で発見されたジャワ原人の頭骨が見られるかな~という軽い気持ちで行って度肝を抜かれました。

部屋全体を使って生物の系統樹を表しています。
光が下から上がってきてそれぞれの種に分化していきます。
最終地点の天井の所まで進化していくときもありますが、多くの場合下から上がってきた光は途中で消えてしまいます。


ミュージアムショップに並ぶ進化関係の書籍。すっかり研究とかけ離れた生活をしているため、各地の自然史博物館のショーウィンドーでダーウィンの写真を見かけるたびにちょっとどきどきしたり。

Naturalisのミュージアムショップでは、ダーウィンの系統樹の素描が描かれたマグカップも売られていました。今度行く機会があったら買ってこようかな。

ちなみに、博物館前の道路は”ダーウィン通り”という名前で、ちょっと感動的。


ライデン駅前の集合住宅です。
風車も残る古い町並みの中に、こんなポップな集合住宅があるのがいかにもオランダ。