スキポール空港隣のデザインホテル

citizenM

海外出張に行くとき、到着日と出発日の前日はまち中移動をする余裕がなく、空港のすぐ近くに宿をとっておくことが多いと思います。
USAなんかだと「直近のリーズナブルなホテル」といってもシャトルバスで送迎される距離だったりしますが、ヨーロッパだとそんなことはありません。

2008年にオランダに行ったときに泊まった空港近郊のホテルcitizenMはいろんな意味で驚きの連続のホテルでした。
夜遅く空港についてこのホテルはどこだ?と地図をにらんでいると、
「大丈夫ですか?」
と声をかけられる。オランダ在住で、今飛行機で戻ってきたとおぼしき日本人男性二人。
まだかろうじて人の残っているインフォメーションセンターを示してくれたのでした。

Infoの職員さん達に、「このcitizenMってどこでしょう?」
「うーん、聞いたことないね・・・新しくできたホテルなのかな?あっちかな?」

ということで、スキポール空港の向かって左(空港前の道路側から見て)へ通路を直進

空港を出てそのまま直進


100メートルか200メートル、車回しに沿って直進すると・・・ありました!

チェックイン・チェックアウトが完全自動制とか、ゲストルームの内装がやたらにおしゃれであるとか、いろいろ驚きでした。

部屋の真ん中に円筒形のガラス張りのシャワールームがあっていろんな色で光るとか
シャンプー、リンス、石けんなどにいちいちオランダ流のユーモアたっぷりの能書きが書いてあるとか。
ゲストルーム内は全体の様子が分かる写真がうまく取れなかったのですが、citizenMで画像検索をするとたくさん写真が見つかるので興味のある方は見てみてください。

デザイン性あふれる一階のロビーの様子を撮った写真がありますのでご覧下さい。
いかにもオランダらしい内装ですね。

CitizenM entrance lobby

Picture 1 of 7