Research

主要研究業績

学位論文

    Sakaguchi, K. (2007) Psychological and endocrinological factors associated with individual variation in sociosexuality. (短期的配偶戦略への指向性の個人差と関連する心理学的・内分泌学的要因) Doctoral dissertation.

    坂口菊恵(2004)「行動特性と対人知覚による『性的アプローチのされやすさ』の検討」 東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系、2003年度修士論文

    坂口菊恵(2002)「未知の異性との同調行動における性差の考察」 東京大学生命・認知科学科認知行動科学、2001年度卒業論文

査読論文

  1. Schmitt, D. et al. (2017) Narcissism and the Strategic Pursuit of Short-Term Mating:
    Universal Links across 11 World Regions of the International Sexuality Description Project-2. Psychological Topics. 26(1):89-137.
  2. 正岡美麻・坂口菊恵・針間克己・長谷川寿一(2013, July)「男性ホルモン投与中のFemale to Maleトランスジェンダー/性同一性障害者の話声位基本周波数の変化について」日本性科学会雑誌 31(1):45-54.
  3. 中村敏健・平石界・小田亮・齋藤慈子・坂口菊恵・五百部裕・清成透子・武田美亜・長谷川寿一 (2012). マキャベリアニズム尺度日本語版の作成とその信頼性・妥当性の検討 パーソナリティ研究,20(3):233-235.
  4. Takahashi, T., Sakaguchi, K., Oki, M. & Hasegawa, T. (2008, May). Sex hormonal modulation of hyperbolic discount factor in men. Journal of Neuroscience, Psychology, and Economics. 1(1): 7-16.
  5. Sakaguchi, K., Sakai, Y., Ueda, K., & Hasegawa, T. (2007). Robust association between sociosexuality and self-monitoring in heterosexual and non-heterosexual Japanese. Personality and Individual Differences. 43(4):815-825.
  6. Sakaguchi, K., Oki, M., Honma, S., H, Uehara., & Hasegawa, T. (2007). The lower salivary testosterone levels among unmarried and married sexually active men. Journal of Ethology. 25(3):223-229.
  7. Sakaguchi, K., & Hasegawa, T. (2007). Personality correlates with the frequency of being targeted for unexpected advances by strangers. Journal of Applied Social Psychology. 37(5):948-968.
  8. Sakaguchi, K., Oki, M., Honma, S., & Hasegawa, T. (2006). Influence of relationship status and personality traits on salivary testosterone among Japanese men. Personality and Individual Differences. 41(6):1077-1087.
  9. Sakaguchi, K., & Hasegawa, T. (2006). Person perception through gait information and target choice for sexual
    advances: comparison of likely targets in experiments and real life.
    Journal of Nonverbal Behavior. 30(2):63-85.
  10. Takahashi, T., Sakaguchi, K., Oki, M., Honma, S., & Hasegawa, T. (2006). Testosterone levels and discounting delayed monetary gains and losses in male humans. NeuroEndocrinology Letters. 27(4):439-444.
  11. 坂口菊恵・長谷川寿一 (2005)「唾液中testosteroneの液体クロマトグラフィ-・タンデム型質量分析による測定-血中バイオアベイラブルtestosteroneとの関連の検討-」臨床病理. 53(5):388-394.

解説・総説論文

  1. 坂口菊恵(2017, July 1)「性戦略とヒトの進化」 脳と心の正体、文藝春秋SPECIAL 2017夏号(40):182-187.
  2. 坂口菊恵(2016, Aug 19)「LGBTの生物学的基盤」特集 LGBTを正しく理解し、適切に対応するために、精神科治療学 31(8): 1003-1008.
  3. 坂口菊恵(2016, Feb 1)「雌雄の分かれ道(上):性ホルモンによる制御」連載 愛と分子、現代化学 539:37-39.
  4. 坂口菊恵(2016, Mar 1)「雌雄の分かれ道(下):異性を配偶相手とする仕組み」連載 愛と分子、現代化学 540:56-58.
  5. 坂口菊恵(2015, Mar 26)「消費は異性へのディスプレイ 進化心理学から見た消費行動の性差」特集変わりゆくオトコ達〜男性市場の変化を読み解く〜 Marketing Researcher 126:34-37.
  6. 坂口菊恵(2011, Nov 10)「コミュニケーション能力の性差をさぐる」特集内科診療に役立つメンズヘルス medicina 医学書院 48(12):1986-1987.
  7. 坂口菊恵(2010, July 1)「テストステロンとコミュニケーション」特集メンズヘルス 綜合臨牀 永井書店 p.1557-1559.
  8. 本間誠次郎・坂口菊恵 (2008, Jan)「唾液中ステロイドホルモン測定とその有用性」Annual Review糖尿病・代謝・内分泌 2008 金澤康徳・武谷雄二・関原久彦・山田信博編 中外医学社 p.144-154.

報告書・紀要論文

  1. 坂口菊恵(2012, June 22)「男女の行動差の普遍性と可塑性 ─ 進化心理学の知見から ─」理論心理学研究 12/13:18-19.
  2. 坂口菊恵(2012, Mar 30)「オランダ漫遊記 -その社会と教育-」駒場では学べないこともある:飛び出せ東大生! 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 p.6-13.
  3. 坂口菊恵(2012, Mar 20)「教育講演 ナンパを科学する」思春期学 30(1):22-28.
  4. 正岡美麻・高木謙太郎・坂口菊恵・針間克己・阿部輝夫・内田直・長谷川寿一(2011, Dec)「声の性別判定に関する研究 ホルモン未投与および投与中のFemale to Maleを対象として」GID(性同一性障害)学会雑誌 4(1):154-155.
  5. 正岡美麻・高木謙太郎・坂口菊恵・針間克己・阿部輝夫・長谷川寿一(2010, 12)「Female to Maleの声の特性:男性ホルモンの投与による変化」GID(性同一性障害)学会雑誌 3(1):89-91.
  6. 正岡美麻・坂口菊恵・針間克己・阿部輝夫・本間誠次郎・長谷川寿一(2009, Dec)「性同一性障害者のホルモン動態に関する研究―一斉測定法による唾液中の複数ホルモン濃度―」GID(性同一性障害)学会雑誌 2(1):32-34.
  7. 正岡美麻・坂口菊恵・長谷川寿一(2009, Nov)「トランスジェンダーの内分泌学的特性の解明―唾液中の複数ホルモン濃度一斉測定法を用いて―」日本=性研究会議会報 21(1):12-18.
  8. 坂口菊恵(2003, Jan 24) 「Movement Synchronyにみる好意のシグナル ―女性のリスク認知がおよぼす影響―」電子情報通信学会技術研究報告、102(598):1-6.

著書

  1. Sakaguchi, K., Gudberg, K. J. & Hasegawa, T. (2005). Initial interpersonal attraction
    between mixed-sex dyad and movement synchrony. In: Anolli L, Duncan S, Magnusson M (Eds.), The Hidden Structure of Interaction: From Neurons to Culture Patterns. Amsterdam: IOS Press. p.108-120.
  2. 坂口菊恵 (2006, Mar 10)「一夫一妻配偶システムと恋愛」 イラストレート恋愛心理学 齊藤勇編 誠信書房 p.147-157.
  3. 坂口菊恵・長谷川寿一 (2009, Feb 10)「人の行動や心の進化―進化心理学入門」 心理学の謎を解く―初めての心理学講義 繁桝算男・丹野義彦編 医学出版 p.197-224.
  4. 坂口菊恵 (2009, April 22)「ナンパを科学する―ヒトのふたつの性戦略」 東京書籍 303p.
  5. 坂口菊恵 (2010, July 1)「人間の性行動における生物学的基盤」 脳とホルモンの行動学―行動神経内分泌学への招待 行動神経内分泌研究会編 西村書店 p.230-239.
  6. 坂口菊恵 (2010, Sept 20)「生物学的要因」 性犯罪の行動科学―発生と再発の抑止に向けた学際的アプローチ 田口真二・平伸二・池田稔・桐生正幸編 北大路書房 p.21-41.
  7. 坂口菊恵(2011, Sept 23)「性欲はどうして起こるのか?―ホルモンとフェロモンの違い」デジタル版イミダス 時事・トレンド解体新書.
  8. 坂口菊恵(2012, April 25)「『恋愛』に実態はあるか」女性のからだとこころ―自分らしく生きるための絆をもとめて 内田伸子編 金子書房 p.21-44.
  9. 坂口菊恵(2012, April 30)「性とは何か」「性行動とペア・ボンド」「感覚と性行動」「性被害のあいやすさ」性教育学 荒堀憲二・松浦賢長編 朝倉書店 p.18-25, p.85-87, p.101-105, p.130-131.
  10. 坂口菊恵(2014, Sept 3)「配偶者選択と進化心理学」誠信心理学辞典 誠信書房.
  11. 坂口菊恵(2013, Nov 22)「嫉妬」「同性配偶」「心」「ジェンダー」「三位一体脳」「児童虐待」「性同一性」行動生物学事典 東京化学同人.
  12. 坂口菊恵(2013, Sept 9)「ヒトはなぜ恋愛するのか?」人間行動の進化を探る 朝倉書店 p.98-130.
  13. 安部敏樹著・坂口菊恵監修(2015, Dec 11)「いつかリーダーになる君たちへ」日経BP 256p.
  14. 東京大学教養教育高度化機構初年次教育部門・増田建・坂口菊恵編(2017, Mar 24)「科学の技法: 東京大学『初年次ゼミナール理科』テキスト」東京大学出版会 240p.
  15. 坂口菊恵(2017, Mar 24)「性差は科学できるか」同上発展編 p.140-148.

取材協力

  1. 渋谷のラジオ 「渋谷社会部」 (2016年7月12日)
  2. 東京大学フリーペーパー BiscUiT「恋愛を科学する」 (2015年 vol.10, p.12-13)
  3. 学校法人専門学校 東京ビジュアルアーツ Lucy 「恋する脳みそ」(2015年 vol.02, p.6-7)
  4. 東京大学フリーペーパー BiscUiT 「闇を旅する」 (2013年 vol.5, p.12)
  5. 学研 FYTTE「くびれボディのでき上がり方大研究」(2012年1月号 p.95-96)取材協力
  6. 集英社 kotoba「ひとのあり方は男か女かで説明できるか」(2011年12月6日 p.70-73)
  7. 早稲田大学 マグネットプレス「彼氏彼女のこと、ちゃんとわかってる?男女の恋愛観の違いとは!?―性差の先に・・・」(2011年)取材協力
  8. 日経BPマーケティング 日経ヘルス「どうして私たちは『若く見られたい』と思うのだろう?」(2011年10月号 p.56-59)取材協力
  9. 講談社 ヘルス&ビューティーレビュー 「恋愛とアンチエイジング~男性ホルモン、女性ホルモン、恋愛ホルモンの基礎知識」(2011年1月号)取材協力
  10. NHK BS ガッチャン (2011年1月14日)
  11. NHKためしてガッテン 「LOH症候群」(2010年11月17日)企画協力
  12. 北海道教育大学研究冊子 「人間と地域」第3号 対談
  13. 白川桃子の恋愛サイエンスカフェ 対談(2011年1月~)
  14. THE21 いま輝くビジネス・ウーマンの肖像 (2010月1月9日)
  15. 週刊現代 科学もいまや女性の時代である (2009月9月28日)
  16. J-WAVE アジエンス・スピリット・オブ・アジア (2009月10月~12月)
  17. 大阪朝日放送 ビーバップ!ハイヒール 『進化心理学で解く!愛と性のミステリー劇場』(2009年9月24日放送)
  18. 日経BPネット キャリワカ 『男と女の付き合い学』 (2009月8月28日~10月28日連載)
  19. 早稲田ウィークリー編集室 新鐘 『私たちの恋愛観、教えます!―学生が語る、理想の恋愛』 (2009月11月)
  20. 明治安田生命 My経営情報 『美人がナンパに遭いやすいとは限らない 正解は、単純なものではないのです』 (2009月8月1日掲載)
  21. 日経新聞 あとがきのあと 『怒りから出発、実証へ』(2009月5月24日掲載)
  22. 日本テレビ 世界一受けたい授業 『モテるモテないはホルモンで決まる!? 男と女のホルモン学』 (2009月5月30日放送)
  23. NHK解体新ショー 『幸せ太り』 (2008年8月・9月放送) 企画協力・出演

国際学会(査読付き)

  1. Masaoka, M., Takagi, K., Sakaguchi, K., Uchida, S., Hasegawa, T. (2012, Aug 2-5). Voice characteristics in Female-to-Male transgender/transsexuals: acoustic analysis, perception by others and their own satisfaction level. The 12th Asia-Oceania Conference for Sexology. Matsue:Japan.
  2. Masaoka, M., Sakaguchi, K., Harima, K., Abe, T., Uchida, S., Honma, S., Hasegawa, T. (2010, Aug 4-7) Changes in salivary hormone levels during transsexual hormone treatment. The 11th Asia-Oceania Conference for Sexology in conjuction with The 3rd National Congress of the Indonesian Association of Sexology. Bali:Indonesia. (Oral/Poster)
  3. Sakaguchi, K., Honma, S., & Hasegawa, T. (2007 May30 -June3). Fluctuation in Female Gonadal Hormones and Individual Differences in Reproductive Strategy. The 19th annual meeting of Human Behavior & Evolution Society. Williamsburg:VA. (Oral)
  4. Sakaguchi, K., Honma, S., & Hasegawa, T. (2007 June 21-24) Predictors of women’s aggression and masculine sexual inclinations: circulating gonadal hormone levels vs 2D:4D digit ratio. Society for Behavioral Neuroendocrinology 11 th Annual Meeting. Pacific Grove:CA.
  5. Sakaguchi, K., Sakai, Y., Ueda, K., & Hasegawa, T. (2006, June 7-11). The influence of sexual orientation and relationship context on feminine/masculine face preference. The 18th annual meeting of Human Behavior & Evolution Society. Philadelphia:PA.
  6. Sakaguchi, K., Sakai, Y., Ueda, K., & Hasegawa, T. (2006, June 7-11). Correlates of unrestricted sociosexuality across sex and sexual orientation. The 18th annual meeting of Human Behavior & Evolution Society. Philadelphia:PA. (Oral)
  7. Sakaguchi, K.,Oki, M., Hasegawa, T., & Honma, S.(2005, June). Behavioral traits and sleeping hours as well as relationship status affect evening testosterone levels. The 17th annual meeting of Human Behavior & Evolution Society. Austin:TX.
  8. Oki, M.,Sakaguchi, K., Hasegawa, T., & Honma, S.(2005, June). Hormonal bases of trait aggression, anger and BIS/BAS sensitivity among men. The 17th annual meeting of Human Behavior & Evolution Society. Austin:TX.
  9. Sakaguchi, K.,Oki, M., Hasegawa, T., & Honma, S.(2005, June). Influence of relationship status and personality traits associated with reproductive strategies on diurnal rhythm of testosterone and cortisol in Japanese men. The 9th annual meeting of Society for Behavioral Neuroendocrinology. Austin:TX.
  10. Oki, M.,Sakaguchi, K., Hasegawa, T., & Honma, S.(2005, June). Hormonal associations with trait aggression and anger among men: Effects of age, sample type and collection time. The 9th annual meeting of Society for Behavioral Neuroendocrinology. Austin:TX.
  11. Sakaguchi, K. & Hasegawa, T. (2004, July). Predictors of unexpected approaches by strangers: with impression ratings of a natural gait. The 16th annual meeting of Human Behavior & Evolution Society. Berlin: Germany.
  12. Sakaguchi, K., Hasegawa, T., & Jonsson, G.K. (2003, June). Reproductive risk faced by females and the control of movement synchrony. The 15th annual meeting of Human Behavior & Evolution Society in Lincoln: NK.
  13. Sakaguchi, K., Jonsson, G.K. & Hasegawa, T. (2002, Aug). Movement Synchrony at the Beginning of Interactions of Mixed-Sex Dyads:
    Males’ Initiation, Depending on Females’ Risk Perception.
    The 4th conference of Measuring Behavior in Amsterdam: Netherlands.