All presentations 2002-2004

2004

学位論文

  • 坂口菊恵(2004)「行動特性と対人知覚による『性的アプローチのされやすさ』の検討」 東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系、2003年度修士論文

学会発表

  • Sakaguchi, K. & Hasegawa, T. (2004, Mar12-13). Predictors of unexpected approaches by strangers: with impression ratings of a natural gait. COE21 First International Workshop “Exploring Social Brain”. Tokyo.
  • Sakaguchi, K. & Hasegawa, T. (2004, July 24). Predictors of unexpected approaches by strangers: with impression ratings of a natural gait. The 16th annual meeting of Human Behavior & Evolution Society. Berlin: Germany.
  • Sakaguchi, K.,Oki, M., Honma, S., & Hasegawa, T. (2004, Nov 13-14). Decline of sensation seeking and self-monitoring scores in healthy men along with aging and the decline of testosterone levels. The 2nd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition. Kyoto.
  • Oki, M., Sakaguchi, K. Honma, S., & Hasegawa, T. (2004, Nov 13-14). The Decline of circulating T levels and alteration on BIS-BAS sensitivity along with aging. The 2nd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition. Kyoto.
  • 坂口菊恵・長谷川寿一(2004, July 18-19)「対人印象形成から見た性的アプローチのされやすさの予測要因」 (口頭発表)日本社会心理学会第45回大会、於札幌
  • 坂口菊恵・長谷川寿一(2004, Sep 12-14)「行動特性と対人知覚による『未知の他者からのアプローチのされやすさ』の検討」 日本心理学会第68回大会、於大阪
  • 坂口菊恵・沖真利子・本間誠次郎・長谷川寿一(2004, Nov 20-21)「配偶戦略に関連する性格特性とテストステロン・加齢の関係」 第6回人間行動進化学研究会、於名古屋
  • 沖真利子・坂口菊恵・本間誠次郎・長谷川寿一(2004, Nov 20-21)「男性の唾液・血液中テストステロン濃度および加齢が攻撃性・怒り・行動の動機付けに及ぼす影響」 第6回人間行動進化学研究会、於名古屋
  • 坂口菊恵・沖真利子・本間誠次郎・長谷川寿一(2004, Dec 1-3)「配偶戦略と関連する性格特性とテストステロンの関係」 日本動物行動学会23回大会、於福岡
  • 沖真利子・坂口菊恵・本間誠次郎・長谷川寿一(2004, Dec1-3)「男性の唾液/血液中テストステロンレベルおよび加齢が攻撃性に及ぼす影響」 日本動物行動学会23回大会、於福岡

招待講演

  • Sakaguchi, K. & Hasegawa, T. (2004, Nov 13). Personality impression formation from thin slices of nonverbal behavior: its bases and consequences. The 2nd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and Development of Cognition. Kyoto.

2003

学会発表

  • 坂口菊恵 (2003, Jan 24) 「Movement Synchronyにみる好意のシグナル ―女性のリスク認知がおよぼす影響―」 (口頭発表・紀要論文) ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (電気通信情報学会)、於岡山  電子情報通信学会技術研究報告、102(598):1-6.
  • 坂口菊恵・長谷川寿一 (2003, Sept 13-15)「動きの同調化に見る、繁殖上のリスクが非言語コミュニケーションに及ぼす影響」 日本心理学会第67回大会、於東京
  • 坂口菊恵 (2003, Sept 16-18) 「歩行の点光提示を手がかりとした性的文脈における対人認知」 日本社会心理学会第44回大会、於東京
  • 坂口菊恵・長谷川寿一 (2003, Oct 29-31) 「歩行刺激を手がかりとした性的文脈における対人認知」日本動物行動学会第22回大会、於札幌
  • 坂口菊恵・長谷川寿一 (2003, Dec 13-14) 「未知の他者からアプローチされやすい行動特性」 人間行動進化学研究会第5回研究発表会、於東京
  • Sakaguchi, K., Hasegawa, T., & Jonsson, G.K. (2003, June 4-8). Reproductive risk faced by females and the control of movement synchrony. The 15th annual meeting of Human Behavior & Evolution Society. Lincoln:NK.

2002

学会発表

  • Sakaguchi, K., Jonsson, G.K. & Hasegawa, T. (2002, Aug 27-30). Movement Synchrony at the Beginning of Interactions of Mixed-Sex Dyads: Males’ Initiation, Depending on Females’ Risk Perception. The 4th conference of Measuring Behavior. Amsterdam: Netherlands.
  • Sakaguchi, K. (2002, Aug 30).Behavioral Analysis of Females’ Sexual Accessibility Using THEME. (Talk at Theme User Meeting) The 4th conference of Measuring Behavior. Amsterdam: Netherlands.
  • 坂口菊恵 (2002, Nov 9-10) 「男性が女性を short-term mate として選ぶとき」日本社会心理学会第43回大会、於東京
  • 坂口菊恵・長谷川寿一 (2002, Nov 2-4) 「行動の同調化」に見る求愛信号における男性の能動的役割: 女性のリスク認知が及ぼす影響」 日本動物行動学会第21回大会、於東京
  • 坂口菊恵 (2002, Nov 30-Dec 1) 「繁殖上のリスクが男女間のコミュニケーションにおよぼす影響―Themeによる同調行動分析から―」 第4回人間行動進化学研究会、於札幌